2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 どうも、こんにちは。
 
 最近起きてるより寝てるほうが多いです。何かしたほうが良いんでしょうけど、具体的にやることが思いつきません。困りましたね。
 
 そういえばさっき久しぶりにマリオカート64やりました。思いのほか面白くて、気がついたら9時間くらい連続でやってました。
 9時間やったうち、半分くらいはルイージサーキットのタイムアタックやってました。
 因みにベストレコードは1分46秒05でした。なかなか難しいですね。
 タイムアタックのランキング上位一位から五位までは約0.2秒しか差が無かったので、いかに拮抗していたかというのがわかります。一人でやってたので拮抗して当たり前ですけど。

 マリオカート64って、ドリフトがミソですね。多分ドリフトがあるかないかによってタイムが大幅に変わります。
 64以外のマリオカートに関しては、あんまりやったこと無いのでよくわかりません。
 
 
 それはともかく、読んだ本書きます。

 『号外!!虚構新聞』
 
号外!!虚構新聞号外!!虚構新聞
(2010/12/15)
虚構新聞社

商品詳細を見る

 
 これを、読んだ本としてカウントするのはどうかと思う人も居るかもしれませんが、一応
 
 インターネット上に虚構新聞という、ありそうでなさそうな虚構のニュースばかり集めたサイトがあるんですよ。そのサイトに掲載されている記事を集めて、それに新しい記事を書き加えたものがこの本ということです。
 そんなに極端に面白いわけではないですが、少しずつ面白いです。厚さのわりには値段も良心的な感じですね。


 
 『キュレーションの時代』
  
キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)
(2011/02/09)
佐々木 俊尚

商品詳細を見る


 今度はちゃんとした本です。最初のほうと最後のほうはそうでもなかった気もしますが、真ん中が面白かったです。 
 内容に関してはアマゾンのページで見たほうがわかりやすいと思いますので省略しますが、この本によると、視座という言葉があるそうです。視座とは、どのような位置と方角と価値観によって物事を見るのかという、その枠組みのことで、視点が「物事を見る立ち位置」だけを意味しているのに対し、視座は立ち位置だけでなく世界観や価値観など、人間にしか持ち得ない「人の考え」が含められている、ということです。

 で、前回ブログを書く最終的な目標がよくわかりませんねって話をしていたんですが、それに関連したことを書きます。
 この本で言っていることから考えると、ブログを書くということは、視座を提供するということです。

 ブログっていうのは僕が好き勝手書いているわけで、それはつまり、僕の世界観と価値観に沿って世の中を見渡しているということです。
 だから、ブログを読むことによって、僕の視座から世界を見るというような話になるわけですね。
 で、ブログを読んでいる人の世界観や価値観と僕の世界観や価値観は当然違うので、ブログを読んでいる人にとっては、いつもと違う見方で世界を見るということになります。
 その、いつもと違うということによって、自分にとって全く新しい情報が手に入ったりするわけです。

 そういう、他人の視座から色んなものについて見たりするというのは新しい情報を得る上で大変有効なので、ブログを書くとそういう良いことがありますよって話です。

 いまいちまとまりが無かった気がしますがどうなんでしょう。

 まあ、もう結構長くなりましたので、今回はこんな感じで。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://243620679.blog112.fc2.com/tb.php/13-0e0c4954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

山口純一jr

Author:山口純一jr
大学生やってます

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (15)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。